作者別: 運営者

正社員かパートか


結婚してもママになっても、バリバリ働いていたい。そんな風にお考えの方も少なくないでしょう。努力して得た薬剤師の資格。これを活かしてガンガン働きたいと思う方が多いのも当然です。もちろん結婚してもママになっても正社員として働くことはできます。正社員として働くメリットは、やはり収入が多いことが挙げられます。これだけではありません。より席になる仕事をさせてもらうことができますし、昇進だってもちろん目指すことができます。しかしながらデメリットもあります。場合によっては移動になる可能性もあります。

ではパートはどうかと言うと、こちらにももちろん多くのメリットがあります。自分が働きたい時間内で、働くことができることも嬉しいところ。また、移動といった心配もありませんので、現状のままで働き続けることができます。しかしながら、職場によっては正社員と同じ仕事ができない場合もあります。収入面を見ても、当然正社員よりも少なくなります。

いずれにしても、ママが仕事をする場合、家族の協力と理解は必須です。これは薬剤師に限ったことではありませんが、長く楽しく働く為には家族が一丸となってママのサポートをすること。そして、気持ちよく働くことができる良い職場を見つけることです。

転職サイトを利用しよう


薬剤師が求人を探す場合、その方法はいくつかあります。一つは、ハローワークを利用して探す方法です。ハローワークは、日本中にありますし、無料で利用できるといったメリットがあります。また、転職後にもし求人情報に記載されていた条件とかけ離れたことがあった時は、それについて相談することもできます。

しかしながら、何度もハローワークに足を運ぶのが難しい方も中にはいるかもしれません。その場合は、転職サイトを利用するといった方法もありこちらもオススメです。転職サイトは多数ありますが、中にはスタッフが転職が決まるまでサポートしてくれるところもあります。また、こちらが理想とする条件を伝えると、それに合った条件の求人情報を紹介してくれます。これだけではありません。転職サイトはネットを通して利用することができますので、何度も足を運ぶといったことも不要ですし、空いている時間を使って利用することができるといった良さもあります。

小さなお子さんがいらっしゃる方は、子供を連れて外出するのが難しいこともあるものです。そんな時であっても、楽に利用できるのがこういった転職サイトの良さと言えます。事実、転職サイトを利用して転職を行う薬剤師は、既婚未婚問わず多い傾向にあります。

▼参考資料▼キャリアフィールド~薬剤師転職求人サイト~

選び方


多くの女性が活躍している薬剤師の職場。せっかくの資格とスキルは、どんなにライフスタイルが変化しても是非続けていきたい特別なものです。ママになった方が転職する場合、一番に考えて欲しいのは、無理なく働いて家事と子育て、仕事を無理なく続けていけるかどうかということです。子供が小さいうちはしょっちゅうけがをしたり熱を出したりします。それに、幼稚園や学校行事も想像以上に多く、それに頭を悩ませているママは、薬剤師に限らず大勢います。それに、子育てははっきり言ってとても疲れます。心身ともに疲労します。こういったことも踏まえて、余裕を持って働ける職場を探す必要があります。

職場選びをする際は、収入面や働く環境の条件なども気になるところですが、特に注目して頂きたいのは、子育てしながら働く女性に理解がある職場かどうかということです。また、実際に子育てしながら働いている女性がいることも是非チェックしたいポイントです。また、通勤時間は短い方がやはり楽です。通勤方法は様々あるかと思いますが、アクセス方法や時間なども確認した上でイメージし、判断するようにしてください。

子供がある程度大きくなれば、手もかからなくなりますし、仕事に注げるエネルギーも増やすことができます。しかし、子供が小さいうちは無理をせず、笑顔でいられる範囲の時間で働く方が良いでしょう。

薬剤師の転職について


働くことは、お金を得る為だけが目的ではありません。働くことで多くのことを経験したり理解したり学んだりできることも、はやり働く醍醐味だと言えるでしょう。高い知識と能力を持った薬剤師の方にも同じことが言えます。せっかく苦労して身に付けた知識ですし、せっかく努力して合格した資格ですから、それを活かしながら気持ちよく働き、良い出会いを味わいながら自分の為、人の為に是非頑張って頂きたいと思います。

世の中には数多くの職業がありますが、薬剤師にはある特徴があります。それは、圧倒的に女性が多いということです。およそ70パーセントが女性であるという世界の為、どうしても結婚や出産、子育てなどに遭遇した時、迷ったり悩んだりする方が少なくありません。中には、出産や子育てを理由に残念なことに職場から離れている方もたくさんいると聞きます。しかし、本音は働きたいと考えている方ももちろんたくさんいるでしょう。そんな時、時間や生活を工夫しながら短時間でも働くことはできます。

例えば、パート従業員として無理のない範囲で働くのも良いでしょう。週末だけ働いたり、子供が幼稚園や小学校に行っている間だけの数時間働いたりすることもできます。薬剤師の場合、パートとしても時給は高いですから、これでもある程度の収入を得ることはできます。また、収入の面だけでなく、資格を活かして社会とつながることができるといった良さも決して小さなメリットではないでしょう。当サイトは、薬剤師として働くママについて紹介します。